愛知県警察

top
menu

 

ショッピングサイトで購入手続きをしたが、詐欺サイトのようだ

相談事例

  • ショッピングサイトで、購入手続きのため個人情報を入力したが、あとで調べたところ「詐欺サイトだ」という書き込みがたくさんあった。

対応方法

  • クレジットカード番号などを入力した場合は、早急にクレジットカード会社へ連絡し、停止措置をとってください。
  • クレジットカードの利用明細を見て、身に覚えのない利用がないか確認してください。

注意事項

  • 偽のサイトにID・パスワードやクレジットカード番号など、重要な個人情報を入力させて、盗み取ることをフィッシングと言います。
  • 入力したメールアドレスや電話番号宛てに、フィッシングメールが届く危険性があります。ご注意ください。

被害に遭わないために

詐欺サイトの見分け方

  • 1.どのショッピングサイトでも売り切れであるような人気商品が「在庫あり」となっている
  • 2.会社概要がデタラメ又は他社の概要が使われている
  • 3.決済方法が銀行振込のみである
  • 4.振込先名義人が個人名である

という特徴に一つでも当てはまる場合は、詐欺サイトの危険性があります。

個人情報を入力する前に確認してください。   

相談窓口

  • フィッシングに関してメールによる相談を受け付けています。
  • 対象サイトのURLが判明している場合は、URLの入力をお願いします。
  • 回答は電話で行いますので、必ず電話番号を入力してください。

【お知らせ】

警察庁ウェブサイトにおいて、都道府県警察に対するサイバー事案に関する通報等の統一窓口を設置し、令和6年3月29日から運用を開始しましたので、令和6年5月31日をもって、本サイトの相談窓口を閉鎖いたしました。

サイバー事案に関する相談窓口(警察庁)

23439