ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > あいちデジタルアイランドプロジェクト

本文

あいちデジタルアイランドプロジェクト

ページID:0478600 掲載日:2023年9月26日更新 印刷ページ表示

あいちデジタルアイランドプロジェクトの概要

デジタルアイランド世界観

愛知県では、2022年から中部国際空港島及び周辺地域(以下、「当エリア」という。)を、5G等デジタル技術を活用したオープンイノベーションフィールドに位置付け、2030年に世の中での普及が見込まれる近未来の事業・サービスを当エリア内において先行して実用化することを目指す「あいちデジタルアイランドプロジェクト」を推進しています。

2023年度の主な取組

今年度の事業は、5G等デジタル技術を活用した5つの実証実験と、当エリアの企業・施設と国内外のテック企業等とのマッチングを両輪として実施します。
 実証実験は、9月29日(金曜日)のアバターロボットを皮切りに順次開始し、2024年3月13日(水曜日)から15日(金曜日)に愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」で開催予定の産業展示会「SMART MANUFACTURING SUMMIT  BY  GLOBAL INDUSTRIE(以下「SMS」という。)」において、その集大成として取組、成果を披露します。

2023年度の事業実施について(2023年9月26日)はこちら

SMSについてはこちら(外部サイト)

生体認証システム

生体認証(顔認証)システムを活用したSMSでの入退場、店舗での決済、モビリティ利用等を実現します。

2023年10月7日、8日 顔認証決済の実証実験を実施しました! 詳細はこちら
生体認証先行実証の様子

人流/属性データを活用した行動変容

来場者の属性を推定し、顧客満足度向上につながる行動変容の機会を提供します。

2023年11月21日 デジタルコンテンツバスの実証実験を実施しました! 詳細はこちら

デジタルコンテンツバス

デジタル空間を活用した展示

MRゴーグル等の利用により、現実には搬入が難しいプラント等大型の展示物をデジタル空間上に出展し、展示物の分解、組立、回転、拡大、縮小等の表示を実現します。

展示会場のデジタルツイン

SMS展示会場をデジタル空間内に再現し、この空間内で、複数の嗜好をもった来場者の各ブースへの訪問に係る動きを再現します。また、このシミュレーションをもとに、事前に人の動きを予測するとともに、SMS当日は来場者個人に対し、個人の嗜好やブース毎の混雑状況を考慮し訪問すべきブースをスマートフォンでリコメンドします。

アバターロボット

SMSにおいて、20台以上のアバターロボットを、5Gを活用し同時稼働させ、海外を含む遠隔地からのSMSへの参加等を実現します。また、愛知県国際展示場、常滑市内観光地、空港施設等においてアバターロボットによる案内業務、観光地訪問等を実施します。

2023年9月29日 児童の自主学習の実証実験を実施しました! 詳細はこちら
フラドリ 自主学習

・2023年11月18日 高齢者及び障害者等の就労支援の実証実験を実施しました! 詳細はこちら
就労支援

・2023年12月10日 有名人による集客等の実証実験を実施しました! 詳細はこちら
有名人

・2023年11月8日~12月15日 アバターロボットを活用した案内業務の実証実験を実施しました! 詳細はこちら
案内業務

・2024年1月25日 観光分野におけるアバターロボットの二次交通の役割を目指した実証実験を実施しました! 詳細はこちら
二次交通

アバターロボットの実証実験についての特設ページはこちら(外部サイト)

ビジネスマッチングコーディネート

当エリアの企業・施設と、国内外の企業が有する5G等デジタル技術とのビジネスマッチングを実施します。また、5G等デジタル技術を活用した実証・実装の意向を有する企業等の課題に、ワンストップ窓口にて対応します。

ビジネスマッチングの悩みや希望
「デジタルイノベーションワンストップ窓口」の詳細はこちら

実証フィールドの活用

「AI搭載ロボットを活用した空港警備業務代替についての実証実験」を実施しました! 詳細はこちら

AI搭載ロボットを活用した空港警備業務代替の実証実験の実施

2022年度の主な取組

あいちデジタルアイランドプロジェクトの一環として、中部国際空港島及び周辺地域を活用した民間企業による5G等デジタル技術の実証実験の支援事業及び中部国際空港島及び周辺地域内の魅力向上につながる5G等デジタル技術の社会実装を目的とした支援事業を以下のとおり実施しました。

プロジェクト立上げについて(2022年6月27日)はこちら

2022年度の事業開始について(2022年11月24日)はこちら

2022年度の実証実験等の実施について(2023年1月31日)はこちら

5G等デジタル技術活用促進事業

中部国際空港島及び周辺地域を活用した民間企業による、5G等デジタル技術の実証実験等を促進させ、民間企業による事業創出を支援し、革新的事業・サービスの実証・実装エリアを求める国内外の先進的テック企業を引きつけるとともに、県内への革新的事業・サービスの展開を促進し、県内全域のイノベーション創出につなげていくことを目的に、5G等デジタル技術を保有する企業と、中部国際空港島及び周辺地域において事業を展開している企業・施設とのビジネスマッチングコーディネート、デジタルイノベーションワンストップ窓口の設置・運営等を実施しました。

マッチングイメージ

 

5G等デジタル技術社会実装支援事業(データ利活用検討調査)

中部国際空港島及び周辺地域のうち、特に愛知県国際展示場及び中部国際空港を中心とした施設における人流/属性データ等を活用したビジネスモデルの構築・社会実装を推進することで、中部国際空港島及び周辺地域の魅力向上へとつなげていくことを目的に、人流/属性データ等の取得・活用に向けた現状調査及び当該施設等、テック企業やスタートアップにおける活用可能性調査の実施、またワーキング活動による検討会(Digital Innovation Camp)を実施しました。

イノベーションキャンプ

 

5G等デジタル技術社会実装支援事業(国際通信)

中部国際空港島及び周辺地域内における5Gによる低遅延での国際コミュニケーション等の社会実装に向けた実証実験等を行い、中部国際空港島及び周辺地域の魅力向上へとつなげていくことを目的に、愛知県国際展示場にてリアルとバーチャルがミックスした近未来の国際会議・国際観光について、5Gの高速・低遅延通信のもとで、ホログラム・メタバースを活用し、シンガポールとの国際通信を実施するとともに中部国際空港島及び周辺地域内を中心とした企業団体との意見交換会も実施しました。(2023年2月15日実施)

ホログラムとメタバース

 

5G等デジタル技術社会実装支援事業(アバターロボット)

中部国際空港島及び周辺地域内におけるアバターロボットの社会実装に向けた実証実験を行うことで、5G等デジタル技術の有用性を示し、中部国際空港島及び周辺地域内の魅力向上へとつなげていくことを目的に、アバターロボットを活用し、次世代の社会見学、買い物体験、展示会参加をテーマに、時間・空間の制約及び身体の制約から解放され、どこにいても現地での体験を可能にする近未来の生活様式を目指した実証実験を実施しました。

アバターロボット

 

イノベーションミート2023

5G等デジタル技術を保有する企業と当エリアにて事業を展開している企業や施設とのビジネスマッチングのコーディネートの一環として、5G等デジタル技術を展示し、企業・施設とのマッチングを行う「イノベーションミート2023」を開催しました。VR等によるデジタル空間を活用したイベントやセミナーの開催、教育への利用、AIを用いた人の行動の分析、衛星を用いた高精細測位等、製造から物流、観光、商業まで、多方面の分野にわたって活躍が期待される先端技術が出展(出展企業数17社)されました。

イノベーションミート