ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

あったか♪いい知恵!スマホ用画像 あったか♪いい知恵!パソコン用画像

No.309 ジビエキーワードスタンプラリーを開催中!~愛知産ジビエを食べてプレゼントに応募しよう~

(コラム掲載日 2023年1月20日)

愛知県では、野生鳥獣による農作物被害軽減対策を推進する中で、捕獲したイノシシとニホンジカの肉(ジビエ)を「愛知産ジビエ」として地域資源に位置付け、利活用を推進しています。
この一環として、愛知産ジビエの取扱店舗を回るスタンプラリーを開催していますので、是非ご参加ください。
キーワードを集めて特設サイトから応募すると、抽選で20名様に愛知産ジビエセットが当たります。

○期間
 2023年2月12日(日)まで
○参加方法
 1 愛知県内の各店舗にキーワードが設置してあります。
 2 複数の店舗を回ってキーワードを揃えてください。
 3 特設サイトからプレゼントに応募してください。
 4 応募者から抽選で20名様に愛知産ジビエセットをプレゼントします。
 参加店舗などの詳細は、以下の特設サイトをご覧ください。

ジビエキーワードスタンプラリー特設サイトはこちら

  • ちらし
  • 二次元コード
    

No.308 美浜町における食育と地産地消の取組

(コラム掲載日 2023年1月6日)

今回は知多地域での取組を知多農林水産事務所より紹介します。

美浜町では、給食に知多半島産の農作物等を多く取り入れることで、地産地消の推進、食の「楽しさ」や「ありがたさ」に触れる食育を行っています。
12月8日の「有機農業の日」には、知多半島で有機農業に取り組む「知多の恵みグループ」の農作物(にんじん、ブロッコリー、かぶ、大根)を利用した保育所の給食を実施しました。この取組は2022年6月に初めて実施し、今回は2回目となります。
この日の給食時には、農作物を生産した「知多の恵みグループ」の農家が保育所を訪れ、栽培時に工夫した点や苦労した点などを園児に伝えました。
有機農業で栽培された野菜は、高価な上に、大きく育ちにくいといった理由で、これまでは給食に使われてきませんでした。しかし、「知多の恵みグループ」の農家の長年にわたる試行錯誤により、各農家がそれぞれの土地にあった土づくりにこだわって営農することで、化学肥料を使わずに大きくて味も形もよい野菜の栽培に成功し、給食で提供できるようになりました。
丹精込めて作った農作物を使用した給食は、「甘くておいしい」と園児に好評で、食べ残しが少なかったそうです。園児が美味しそうに食べている姿を見て、農家の方も笑顔をみせていました。

知多農林水産事務所では、今後も、食に係る関係者が各々の役割と特性を生かしつつ相互に連携し、協力しあいながら主体的な取り組みを広げていきます。


  • 食事の様子
  • 給食の献立
           
     
  
   

関連ページ

第17回食育推進全国大会inあいち
いいともあいち情報広場
いいともあいち情報広場Facebook
あいちのおさかなコンシェルジュ
(公社)愛知県栄養士会
食べ物のことを知ろう!農林水産省 東海地方工場見学市場見学
愛知県生涯学習情報システム 学びネットあいち
第17回食育推進全国大会inあいち
愛知県の農業と食の情報窓口 いいともあいち情報広場
いいともあいち情報広場Facebook
あいちのおさかなコンシェルジュ
(公社)愛知県栄養士会
食べ物のことを知ろう!農林水産省 東海地方工場見学市場見学
愛知県生涯学習情報システム 学びネットあいち