ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 農業振興課 > 野生イノシシの豚熱検査について

本文

野生イノシシの豚熱検査について

ページID:0383680 掲載日:2024年2月22日更新 印刷ページ表示

 愛知県では、捕獲野生イノシシ及び死亡野生イノシシから検体を回収し、遺伝子検査(※1)及び抗体検査(※2)を実施しています。

※1 豚熱に感染しているかの検査。「陽性」であれば豚熱に感染しており、「陰性」であれば感染していない。
※2 豚熱に対する免疫を獲得しているかの検査。「陽性」であれば豚熱に対する免疫を獲得しており、「陰性」であれば獲得していない。捕獲野生イノシシの検体を用いて検査を実施。

(1) 死亡野生イノシシについて

・区域 愛知県全域
・死亡した野生イノシシを発見した場合は次により情報提供ください。

死亡野生イノシシに係る情報提供のお願い

(2) 捕獲野生イノシシについて

・区域 愛知県全域
・血液検体採取にご協力いただいている狩猟者の皆様は、次のことについてご注意ください。

捕獲イノシシからの血液検体採取について

野生イノシシの豚熱検査結果について

 愛知県では、野生イノシシの豚熱ウイルス感染状況を把握するため、豚熱ウイルスの遺伝子検査を行っています。

(1)豚熱陽性確認事例

直近の豚熱陽性確認について

(2月9日発表)野生イノシシの豚熱陽性確認について(192例目)

これまでの豚熱陽性確認事例について

これまでの野生イノシシの豚熱検査結果に関する記者発表資料

 

市町村別陽性イノシシ確認事例数                (単位:例)
市町村名 確認数 市町村名 確認数
犬山市 18(1) 幸田町 3
春日井市 9(3) 豊橋市 2
瀬戸市 19(5) 田原市 1
豊田市 98(6) 小牧市 2(2)
長久手市 3    
日進市 2(1)    
設楽町 2    
岡崎市 12    
豊川市 7    
新城市 14 192(18)
 ※2018年9月からの累計。括弧内は2023年度における確認数。

 陽性イノシシ確認地点 [PDFファイル/599KB]

 陽性イノシシ10km圏内 [PDFファイル/338KB]

【2023年度】 陽性イノシシ確認地点(2023年度) [PDFファイル/601KB]

(2)検査結果

 2018年9月15日から2024年2月21日までの野生イノシシ検査実施状況は以下のとおりです。

検査実施状況
  陽性 陰性
捕獲イノシシ 141頭 4,929頭 5,070頭
死亡イノシシ 51頭 108頭 159頭
192頭 5,037頭 5,229頭

直近の検査結果

2024年2月15日から2月21日までの検査結果 [PDFファイル/219KB]

2024年2月8日から2月14日までの検査結果 [PDFファイル/219KB]

2024年2月1日から2月7日までの検査結果 [PDFファイル/218KB]

2024年1月25日から1月31日までの検査結果 [PDFファイル/220KB]

2024年1月18日から1月24日までの検査結果 [PDFファイル/222KB]

2018年9月からの検査結果一覧(2/9更新)

検査結果一覧 [PDFファイル/841KB] ※毎月(及び陽性確認時)更新

野生イノシシの豚熱ウイルスに対する免疫獲得状況

 愛知県では、豚熱の発生を防止するために、2019年3月から野生イノシシへの経口ワクチンの野外散布を実施するとともに、野生イノシシから検体を回収し、抗体検査を行うことで、野外における野生イノシシの豚熱ウイルスに対する免疫獲得状況を調査しています。

(1)直近の免疫獲得状況調査結果


 この度、2023年10月から12月までの調査結果をとりまとめましたので、お知らせします。

【今回の調査期間中、検査を実施した野生イノシシの検体が回収された市町村】
・尾 張 地 域:名古屋市、瀬戸市、春日井市、犬山市、小牧市
・西三河地域:岡崎市、豊田市、幸田町
・東三河地域:豊橋市、豊川市、新城市、田原市、設楽町

豚熱の免疫を獲得したイノシシの状況について

 2023年10月から12月までの検査頭数(遺伝子検査と抗体検査の両方の結果が判明したイノシシの頭数)は221頭でした。そのうち、県全体で64頭が免疫を獲得していました。その結果、免疫獲得率は前年同時期に比べ5.6ポイント上昇し29.0%となりました(※3)。

※3 免疫獲得率はイノシシ繁殖特性に起因する季節変動が顕著であるため、前年同時期と比較している。

注) 免疫獲得頭数は、検査頭数のうち、遺伝子検査が「陰性」かつ抗体検査が「陽性」の頭数を集計。
注) 検査頭数は、各市町村の散布期間中及び最終散布日の翌日から起算して15日間を除いた期間に回収された野生イノシシのうち、発見日を基準として、遺伝子検査と抗体検査の両方の結果が判明した頭数を集計。

免疫獲得状況の推移

地域

2022年

2023年

10~12月

1~3月

4〜6月

7〜9月

10~12月

県全体

23.4%

42.0%

40.4%

35.0%

29.0%

 

尾張

12.3%

29.6%

25.7%

34.2%

24.1%

西三河

46.1%

78.6%

76.9%

50.0%

45.2%

東三河

12.2%

35.7%

27.3%

18.3%

16.9%

 

調査開始時からこれまでの免疫獲得率の推移

 野生イノシシの豚熱ウイルスに対する免疫獲得状況について(2023年10月~12月分) [PDFファイル/500KB]

(2)これまでの野生イノシシの豚熱ウイルスに対する免疫獲得状況調査結果


このページに関する問合せ先
農業振興課
野生イノシシ対策室 経口ワクチン対策グループ
〒460-8501 名古屋市中区三の丸3-1-2 Tel:052-954-6725 Fax:052-954-6008

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)