ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト > 10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ【新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について】
愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト

10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ【新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について】

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月20日更新

厚生労働省から、10代・20代の男性と保護者の方へ「新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について」お知らせがありました。

厚生労働省作成チラシ

※掲載元:https://www.mhlw.go.jp/content/000844011.pdf

 新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について(表)

 新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について(裏)

10代・20代の男性は、ファイザー社のワクチンの接種も選択できます

  • 10代・20代の男性では、 武田/モデルナ社のワクチンより、ファイザー社のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向が見られたとのことです。
  • 10代・20代の男性は、武田/モデルナ社のワクチンを予約中の方も、武田/モデルナ社のワクチンを1回目にすでに接種した方も、ファイザー社のワクチンを希望する場合は、予約のキャンセルを行っていただき、各市町村の接種会場で実施されているワクチン接種で予約を取り直していただければ、ファイザー社ワクチンでの接種を受けられます。

市町村における相談先について

  • 予約の方法や、接種可能な時期等については、各自治体で異なりますので、お住まいの市町村にご相談ください。
  • 県内市町村の問い合わせ先等一覧はこちら

   県内市町村問合せ先等一覧(令和3年10月20日時点) [PDFファイル/68KB]

10代・20代の男性も、引き続きワクチンの接種をご検討ください

  • 新型コロナウイルス感染症に感染した場合にも、心筋炎・心膜炎になることがあります。感染症による心筋炎・心膜炎の頻度に比べると、ワクチン接種後に心筋炎・心膜炎になる頻度は低いことがわかっています。
  • 新型コロナワクチンは、発症予防効果などの接種のメリットが、副反応などのデメリットよりも大きいことが確認されており、接種がすすめられています。しかしながら、ワクチン接種は、あくまでご本人の意思に基づき受けていただくものとなっております。ご本人が納得したうえで、接種をご判断ください。

問い合わせ先

【愛知県新型コロナウイルス感染症 健康相談窓口】

電話番号:052-954-6272

受付時間:午前9時から午後5時30分まで(土曜日・日曜日・祝日を含む毎日)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)